本文へスキップ

板橋区|内科,循環器科,専門医|高血圧,不整脈,かぜ

光が丘クリニック

ご予約・お問い合わせはTEL.03-5968-3030

〒175-0093 東京都板橋区赤塚新町3-32-12-204

はてなブックマークに追加

循環器科:弁膜症の解説 (詳細)


目次
1  弁膜症の概説
2  お勧めサイト

1)弁膜症の概説
心臓には血液の逆流防止のために4つの弁がある。弁膜症とはこれらの弁が炎症、外傷または先天的に障害されて起きる。
弁膜症には弁が狭くなる狭窄症と逆流を引き起こす閉鎖不全症、または両者が同時に起きることがある。
弁膜症は心雑音で偶然発見されることもあるが、@呼吸困難、浮腫などの心不全症状、A不整脈、B臓器塞栓症(血液の塊が脳、腎臓、手足の血管に詰まって起きる脳卒中症状、腹痛、手足の痺れ、痛みなど)、C感染性心内膜炎(抜歯などを契機に、細菌が弁膜に感染巣をつくり、弁膜を破壊したり、発熱、塞栓症を起こす)などで発見され。
軽症の弁膜症はほぼ無症状で経過し、特別の治療は不要であるが、中等度以上になると心臓に負担がかからないように日常生活に留意し、服薬が必要なことが多い。重症の場合は手術が必要となる場合がある。

2)お勧めサイト
a) 国立循環器病センターの「心臓弁膜症」は一般向けに詳しい解説が搭載されている。
b) 国立病院大阪医療センターの「心臓弁膜症」専門的に解説している。
c) メルクマニュアル医学百科の「心臓弁障害」では弁膜症を詳しく図解している。
d) 「弁膜症サイト」は一般人向けに判りやすく解説している


ナビゲーション

TEL 03-5968-3030
〒175-0093
東京都板橋区赤塚新町3-32-12-204
(練馬区光が丘・田柄隣接)
地下鉄赤塚駅:徒歩6分,東上線下赤塚駅:徒歩7分